So-net無料ブログ作成
検索選択

忘れられないコンサート [ピアノ@発表会etc]

先日、大阪でとあるコンサートに出演してきた のでそれについて日記書きます。

このコンサートへの出演、
私にとっては特別な意味がありました。

というのも、私がピアノを再開するきっかけになったMさんが出演されるコンサートであり、
私は今から3年位前に

「この人と同じ舞台にいつか立ちたい!」

という密かな夢をもってピアノをずっとしてきたからなのです。


昔の私はと言うと、
ピアノ教師の娘とは思えんくらいの弾けなさっぷりもさることながら、
ピアノにはほとんど興味が無く、演奏する楽しみなんて感じたこともありませんでした。
さらに、発表会を1、2回出た位で、まともなピアノ経歴ってありませんでした。
3歳くらいから始めたピアノは11歳くらいで気まぐれに辞めてしまい、
その時はブルグミュラーの25の練習曲を弾けるかな~、て程度でした。
ハノンもツェルニーも知らない、まぁよくいるピアノをとりあえずやってきた子供だったのです。

その後、家にピアノがあるにもかかわらず殆ど弾くことも無く、
大学に入ってから一人暮らししてたのもあり、ますますピアノから遠ざかり、
CDすら聞かない、(ピアノどころか)クラシック全般から縁遠い生活を20年近く続けてました。

そんな私が、今から3年半くらい前に、当時赤ちゃんの我が子に情操教育と銘打って
気まぐれにピアノCDを掛けてました。

 「ピアノ曲聞いて頭が良くなったらええなぁ」

位の、ホントに軽い気持ちで・・・・(ホントによこしま過ぎて呆れますが・・・[ふらふら]

その時聞いてた「キラキラ星変奏曲」にめちゃくちゃ心惹かれて、
「私も弾きたい!!!」と心底思ったんです。

なんでそう思ったのかは自分でもよく分からないけれど。。。
その当時抱えていた鬱屈とした気持ちがパーっと晴れていくような爽快感と、心のきらめきを感じたというか[ぴかぴか(新しい)]
とにかく、私のやる気スイッチはその時「パチン」と入ってました。


で、なんとなくYouTubeとかでピアノ曲を探してたら、先述したMさんの動画を発見しました。
リストの「ラ・カンパネラ」だったのですが、情熱が伝わってくる演奏で
それを見た途端私の中で稲妻が更に走ったと言うか。

で、ご本人のブログを見たら、凄くピアノに対する姿勢が純粋で一途で、

 「これだ!
  私がなりたかったのはこういう人なんだ[雷]

みたいな。
自分で書いてて思ったけど、
まぁ、アホですよ・・・

でもホントに、理屈抜きで惹かれてしまったから仕方ない・・・

 「今更ピアノ?
  今まで全然興味無かったのに?

  それって一円も得しないじゃん。
  大切な時間をそんなことに使ってる場合?
  もっと育児に専念するべきでは?」

と、本当に何度も自問自答したけれど、

 「頭で考えて行動するんはもう止め!
  私は自分の情熱を信じる!![パンチ]

と思って、本当に基礎の基礎からピアノをスタート。
ハノンとツェルニー・・・それって美味しいの?位のプアーな状況から再スタートしました。
(因みに、ハノンとツェルニーは教本です。最初に聞いた時、本当にお菓子の名前かと思った。)

最初の1年は独学で(子供が小さくて習いに行けんかった)、
次の2年はピアノの先生に就いて、・・・て形で今に至ります。

このコンサートは出演される方が皆素晴らしいので、
レベルが低すぎては出ずらいという思いもあってずっと控えてましたが、
やっと自分が出ても良いんじゃないか?と思えたのがこのピアノ開始4年目の今でした。


だから、(前置き長すぎて申し訳ないけど[あせあせ(飛び散る汗)])このンコンサートは私にとっては、
 これまでの自分の総決算であり、
 自分の夢の一つが叶う場であり、
 初めての大舞台であり、
 初めてドレス着て演奏する場であり・・・
と、とにかく自分にとっては
特別の中の特別な発表の場でした。


なのに、わたしときたら、演奏3週間前から劇的に忙しくなってしまい、
ピアノの練習どころか、忙しすぎて毎日記憶が飛ぶ位の状況で、やばい状態になってしまいました。

更に、出演中、子供を見てもらう予定だった旦那や旦那の家族も直前でNGとなってしまい、
気が遠くなりました。
(結局、新幹線で途中下車して実家で子供を下ろし、私だけ大阪に向かうという荒技でしたが)


何度も「こんな状態で出るなんて無理なのでは」と思い、
直前に「ピアノで苦労したくない」と調子ぶっこいた日記を書いたから
(これ:「新しい先生」http://poco-a-poco-pae.blog.so-net.ne.jp/2012-04-28
こんなことになってるんじゃないか、
「ピアノの神様ごめんなさい」と何度も泣きそうになりました。


でも、折角頂いた機会だから!!と何度も気力をふるい起してました。


そして、当日の朝6:30、
なんと、腹部に激痛と吐き気を感じ目が覚めました・・・

 「あぁ、もうあかんかも・・・」

そこから1時間、痛みと吐き気に耐え続けました・・・

ようやく落ち着いたころ、息子を起こしましたが息子も

 「ママ、おなか痛い・・・」


 !!
 おまえもかーい! [がく~(落胆した顔)]

この時7:30・・・
あぁ、絶対もう無理や・・・子供の体調には代えられん・・・

でも、意外と息子は30分もすればすっきりした様子。
私より症状が全然軽そう。

間に合うかもしれん・・・・

子供の体調も気になるところやけど、なんとか行けそうな気がする。
この時8:30。
息子は実家のばあちゃんに会いたい、と言ってるし。。。

 「イケる!!」

と、決断。
息子になんとか朝食を食べさせ、出かける準備をする。



そしてなんとか11:30位に大阪入りを果たす。

会場についてピアノ仲間Kさんの顔を見たとたん、安堵で涙が出る。

Kさん動揺(そりゃ動揺するわな・・・[たらーっ(汗)]

その後、Kさんは舞台袖まで連れて行ってくれたり、色んなところに付き添ってくれたり、
駅まで見送ってくれたり、とずーっっと私の介助者になってくれましたm(_ _)m
なんて良い人だ[もうやだ~(悲しい顔)]

出番直前で朦朧と「トイレに行きたい」とほざく私に、
「もう時間無いんじゃないかな[あせあせ(飛び散る汗)]」と優しく応対して下さいました。
完全に要介護老人状態の私・・・ [バッド(下向き矢印)]


で、
肝心の演奏だけど、あまりにしんど過ぎてあまり緊張しませんでした。
それどころか、ピアノが良くて、ホールの響きも素敵過ぎて、弾いてる間は本当に幸せで。。。 [ぴかぴか(新しい)]
病んでるとは思えない演奏をしたと思います。

ミス一杯だし、後半は流石に気持ちだけでは弾けなかったし、
精細をかきまくったし、キラキラ星は途中止まって弾き直したけど、
今の私では最高の出来でした。
最後まで演奏を心から楽しめたから[ハートたち(複数ハート)]

病んでるのによくやった!私。
自分で言うな!て感じですが[あせあせ(飛び散る汗)]


○「幻想即興曲」ショパン


○「キラキラ星変奏曲(抜粋)」モーツァルト


ちょっと緊張しております。
mini-1.jpg

楽しんで弾いております。
mini-2.jpg

ドレス着て演奏するのもちょっとした憧れだったので、夢が叶って幸せでした♪
届いたドレスが背中開きすぎで焦りましたが[あせあせ(飛び散る汗)]
これ↓
mini-3.jpg

演奏が終わった後は、やりきった感が半端なくて、
舞台袖でまるで自分の事のように心配して見てくれていたKさんと
泣きながら抱き合ってました。 (泣いてるのは私だけですがw)
Kさんは

 「今まで2回聞いたけど、
  今日は一番良かった[わーい(嬉しい顔)]

と素敵な笑顔で温かいコメントを何度も下さって本当に嬉しかった。
自分のことのように喜んでくれるKさん・・・
なんて良い人なんだ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]


因みに、話は前後するけど、演奏直前に会の主催者さんから

 「あこがれのMさんと同じ舞台やで~」

と言われて、演奏する前から泣きそうになってました(笑)
あれは反則ですーーー[あせあせ(飛び散る汗)]
でも、この舞台が私にとってそういう特別なものであることを覚えて下さってたことが嬉しかったです。


ピアノやってて良かったな、と思った瞬間が一杯でした。


本当に幸せな日でした[ぴかぴか(新しい)]


本当は他の方の演奏も見たかったのだけど、
ごく一部の方の演奏だけ見て帰りました。
体調も限界だったので・・・・
それが心残りです [失恋]


帰りはKさんが最寄駅まで見送って下さいました。
本当にありがとう[ハートたち(複数ハート)]


電車に乗った途端、それまで上げてきたテンションがプツンとキレてしまい、
またもや気分が悪くなってきてしまいましたが、幸運にもずっと席に座れて、
無事に家路に辿りつけました。



正直、最初は「こんな苦しい思いをして行くべきなの?」という気持ちがありましたが、
終わってみると、かけがえのない思いを一杯頂いて、幸せでした。
忘れられない一日となりました。

ピアノを始めてから演奏の楽しさを知り、
色んな出会いがあり、人生が豊かになって、
本当に自分は恵まれてると思います。

この年にして初めて、余計な見栄やプライド、恐怖、力の出し惜しみなどをせず、

 【一生懸命に取り組んだその先にしか見えないモノ】

を知った気がします。
それを知れただけでも本当に生きてる価値があったなって思う・・・(大袈裟じゃなく)


また、上記演奏動画もわざわざカメラ班(ボランティア)の方がお忙しい中編集して下さったものです。 
本当にありがたいことです。

コンサート後、嬉しいサプライズで憧れのMさんから温かいメッセージも頂きました [ぴかぴか(新しい)]
私からは色んな意味で恐れ多くてコンタクト出来ずに居ましたが、このような形で
メッセージ頂いたことが本当に嬉しかったです。

また、別の方からは「ぱえさんの明るい音色が好き」とも言って頂きました。
私の目指しているものだったので凄く嬉しかったです。

沢山の方のご協力や優しさで今の私があります。

皆さん、本当にありがとうございます。
そして、これからも宜しくお願いしますm(_ _)m
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽