So-net無料ブログ作成
検索選択

しんねん [ほっこりとした日常etc]

今日、今参加している勉強教えるボランティアの代表者の方(50代くらいの男性)と
色々とお話しした。 
実はボランティアに参加しておきながら、代表者の方とは今まであまり
お話しをしたことが無かった。


そもそも、私がなんでこのボランティアに参加してるか、だけど、
地域の学力が低いことを憂れいていた時期に、たまたま

 「土曜日にボランティアで地域の子供に勉強を教えている団体が存在する」

というのをローカル情報誌で見たのに端を発する。
その時、なんだかザワザワしたのだ。
【カイジ】じゃないけど(分かる人居ます?w)、本能的に

 「これは見に行かなきゃいけないだろう」

と思ったのだ。
代表者の人はどんな人なのかとにかく気になった。


で、実際行ってみて深く感銘を受けた・・・なんてことは無かったし、
代表者の方から熱い思いを語られた、なんてことも無かったし、
講師をして貰えませんか?、とも言われなかったけれど、
自分はこれに参加するべきなんだろうな、と思った。

勉強は好きだし、
家庭教師や塾講師はしたことが無かったけど、多分教えることも好きだろうと思ったし、
子供が好きだし、
地域のためになるならそれは良いことだと思ったし。

でも、多分理屈じゃなく、水が上から下に流れるように、それが自然なんだと感じた。

だから、講師をしたいと申し出た。
で、その場ですんなり受け入れて下さったけれど、今思えば凄いことだと思う。
というのが、それまでは国立大学の教育学部の学生さんや、教師経験者だけが講師として
ボランティア活動していたので、教員免許さえない私の採用は異例だったと思う。

さらに言えば、その時に履歴書も持ってなかったし、経歴を話したわけでもなかったので
ただ「この地域に住んでます」というだけの、
【どこの馬の骨かも分からない私】をすんなり講師として受け入れたのは本当に凄いことだと思う

そして、何の障害も無く、実にしぜ~んにボランティア活動が始まる。

で、本格的に参加し始めてから3,4カ月経った今日、
たまたま帰り際に代表者の方と30分ほどお話しをした。

地域の学力を上げるのには、地域の方の力が必要だと思っていたので
私の申し出には本当に感謝している、と言われた。

「一緒に力を合わせて頑張りましょう!!」

なんてアツイことは言われなかったし、
あくまでボランティアなのでそれぞれの出来る範囲でやるべきだというスタンスだけれど、
その中でも強い思いを持ってやっておられるのが感じられた。

学校教育の在り方に問題を感じていて、そこをカバー出来るように子供たちをサポートしたいと
思っておられるようだった。
細かい相違点は感じたけれど、大筋で共感出来るモノを感じた。
また、元々全く教育畑の人ではないので、そういう意味でも通じるところが多かった。

それから、このボランティアを始めてから5年だけれど、
地域から講師の申し出をしてくれたのはこれまで私だけだったので

 「あなたのように信念を持ってる人がもっと出て来たら嬉しいのだけれど」

と言われた。

信念、

と言われてビックリした ^^;

信念・・・なんてあるのかよく分からないけれど、
「子供たちにとって何が良いのか」
というのを最優先に考えている点では代表者の方と近いのかもしれない。

自分の子供が今後生きていく地域なので、少しでも良くなったら良いと思うし、
他人の子も大事なんだと思う。(やり方が回りくどいかもしれんけど)

なんとなく、理屈じゃなくて本能的にそう思うのであります~★


最後に

 「まー、そうはいっても、
  僕もそんなにきちんと考えてやってる訳じゃないから、
  何か意見があったら遠慮なくどんどん言って下さいね」

と言われた時、やっぱり参加して良かったな、と思った。
なんとなく、バランスを感じたから。

多分、激しい熱血な人だったら気が合わなかったかもw
でも、きっと頭のいい人だと思う。

ということで、良い出会いをしたのかな、と思った一日でした。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

再会 [ほっこりとした日常etc]

本日3つ目の記事。
一体、なんぼほど連投するんだ!?て位、記事書いてますが、
どうしてもアウトプットしたいことがありまして、記事書いてます。。。

去年の年末、「今年を漢字一文字で表すと【再】」と言ってましたが、
実は、それにはもう一つ理由がありました。

それは友だちとの「再会」です。

それについて、覚書。


【再会1人目】

 地元の友人R。中学時代からの友だちです。
 会ったのではなく、電話したので、正確に言うと「再会」ではないのですが、
 私としてはある意味「再会」だったな、と思っています。

 実は5年ほど前、彼女との関係が微妙な時期がありました。
 当時、結婚しようと思っていた男性から手痛く振られた友人R。
 失恋のショックから連日数時間に及ぶ電話を掛けてきました。
 友人の力になりたいと思っていたので、最初は良かったのですが、それが何週間にも及んだので 
 私の方もその電話がかなり辛くなってきていました。
 
 また、そもそもの問題は失恋ではなく、根本的な問題が別のところにあると思ったので
 それを伝えるべきか悩みました。
 今まで友人だと思っていたRとの間に【大きな価値観のズレ】を感じ、壁のようなものも感じ始めていました。
 「このまま友だちで居られるだろうか」
 とも思いました。

 「私はもう何も自分では決められない!自分の事が信じられない」と嘆くRに、
 「それでも自分の人生は自分で決めていくしかない。例え間違ったとしても。
  人のせいにするのじゃなく、人に頼り過ぎるのではなく、とにかく自分で考え、決めるんだよ。
  私を頼るばっかりしていては駄目だよ。」
 と、言い、連絡をすることを控えるよう伝え、お寺で買ったお守りを渡しました。

 冷たいヤツだと思われるだろうと思ったけれど、
 自分が今、Rの相手をすることが一番Rを駄目にしていると思えたので、そうしました。

 Rはその後色々とありましたが、本当に努力して頑張って、社会的に弱い立場から抜け出し、
 バリバリと貿易関係の仕事をこなすまでになりました。

 そして先日。
 久しぶりに連絡したら、Rはとても落ち着いていました。
 色々と大変な問題を抱えているようですが、それらを抱えた上で心の平穏を保てるようになったようです。
 5年前から一度もRと電話をしなかった訳ではないですが、なんというか・・・大きな区切りのようなモノを感じました。
 本来の強さを持ったRと再会したような感覚になったのです。

 そして5年前の話を思い出して色々語りました。
 当時、Rに対する私の対応はRにとって厳しいモノではあったけれど、感謝していると言われました。
 私に言われてとても心に残っている言葉が

 「(物理的に距離が離れてるし、大人になりそれぞれの立場があるから)
  私はずっとRと一緒に居て支えてあげられないんだよ。」

 だそうです。
 冷たい言葉ですね・・・f^^;

 でも、Rはそれを言ってもらうまでその現実に気付けなかったし、甘えることばかり考えていたから
 言って貰えて本当に良かった、と言ってました。
 強くならなければ、と思ったそうです。

 Rが感謝してくれてるなら嬉しいけれど、でも、私としてはやっぱり

   こんな言葉を言うのは(例えそれが現実でも)嫌だなぁ

 というのが本音ですけどね。。。
 
 ともあれ、Rと私の関係も色んなものを乗り越え、これまで以上に深く友だちとして繋がったような感覚がしました。
 あの時はどうだったとか、こういう気持ちだったとか、そういうことを一杯語り合いました。
 
 私は友人関係で酷く傷ついていた時期でしたが、人と繋がっていくことの楽しさのようなモノを
 Rが思い出させてくれた感じです。
 Rと話すことでとても元気になれました。
 また思い出を共有している古くからの友だちがいることに本当に感謝です。


【再会2人目】

 会社員の時の同期Aちゃん。
 間違いなくこの人無しでは私の人生は語れないと思いますw
 (勿論上記Rもそうなんですが、大人になってから出会った人では断トツですw)
 
 今から数年前。 同期としてAちゃんとは出会いました。
 会社の同期は本当に皆イイ奴ばっかりで、「出会えて良かった」と思える人ばかりなのですが、
 Aちゃんはその中でもかなりオモシロイ人でした。

 Aちゃんも私に興味を持ってくれ、2人でよくつるんでました。

  Aちゃんは身長150センチ以下、愛想良くキュートなルックス
  方や私は身長169センチ、なんとなくクールなルックス

 で、かなりデコボコした感じのペアだったと思いますf^^;

 時々Aちゃんのワガママにムッとしたり、
 私にはない魅力満載、バイタリティ有りまくりのAちゃんに嫉妬したり、
 などありましたが、結局好きでした。

 入社2年目が終わりごろ、2年間の成果発表をした時、Aちゃんが1位、私が2位で相当悔しかったけど、

  「仕事が出来る女性って結局こういう人のことを言うんだろうな」

 と、自分的に妙に納得しました。 
 それが自分にはない要素だったので
 
  「自分は(やっぱり)仕事向きじゃないな」

 とその時うっすら感じたのを覚えてます。

 また、親と一緒に暮らしていたAちゃんですが、ある日「一人暮らしをする」と言ったかと思うと
 なんと一等地のマンション(2LDK)を購入してしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
 頭の良い人なので、勿論リスク等を計算した上での購入だと思いますが、
 何千万と言うお金を動かす訳で、その度胸には驚かされました。

 そして数年後、私は退職。
 Aちゃんの方は仕事をする傍ら、「異業種交流会」等に参加したりしながら様々な人脈を広げながら
 相変わらず精力的に活動していました。

 そんなある日、Aちゃんが私の家に遊びに来ました。
 なんとそこで、転職の相談をされました。
 もう仕事を辞めて社会から一線引いてる私にそんな相談をして大丈夫なのか?と思いましたが、
 彼女は私の意見も聞きたいと言ってくれました。
 それがとても嬉しかったのを覚えています。

 またその時、彼女が「夢をかなえるゾウ」という本を私にくれました。
 この本は「自己実現」系の本が苦手な私にとってもとても意義ある本で、
 自分の人生をどう生きるか、ということを考えるきっかけを与えてくれたと思います。
 
 でもやはり本そのものの内容も良いのだけれど、その時本を私にくれたAちゃんが

 「自分をどういう風に社会で活かすか。
  迷ってるけど、できることからやっていきたい。」

 と真剣に語ってくれた思いがその本には詰まってると感じます。
 だから私にとってとても大事な一冊なんです。

 またこの時Aちゃんから

 「ぱえちゃんは私にはない母性があるから羨ましい」

 というような内容のことを言われたのが印象的でした。

 結局Aちゃんは、システムエンジニアから投資不動産の営業、という全く関係ない職種への転職し、
 それをきっかけに上京していきました。
 それまで住んでいたマンションは賃貸に出し、不動産収益物件にする、という話でしたが、
 一等地だけあってすぐに借り手が見つかったようでした。

 上京後のAちゃんは益々仕事に燃え、本当に凄まじかったです。
 【投資不動産の営業】なんて大丈夫だろうか?と思っていましたが、
 Aちゃんは自社の商品に誇りを感じていたようで、 (⇒これは本当に良かったと思う)
 また、営業という職種でどんどんと才能を発揮していきました。

  財界の著名人と会ったり、
  芸能人のお友達がいたり、
  超高級マンション(勝ち組マンションと勝手に命名w)でパーティーをしたり、

 等、Aちゃんのブログを見てると、充実した毎日を送ってるんだな、と嬉しい半面、
 華やかで圧倒されてしまう思いもありました。 

 忙しいだろうし、こちらからは殆ど連絡することはありませんでした。

 そして去年の年末、Aちゃんがこちらに帰省することになりました。
 こっちは平凡な主婦なので、Aちゃんは私と話してて楽しいだろうか?と不安に思っていましたが、
 久しぶりに会ったAちゃんとはブランクがまるでなかったかのような会話が出来、とても楽しかったです。
 本当に元気を貰いました。

 また、私が今一生懸命取り組んでいることを興味を持って聞いてくれて嬉しかったです。

 Aちゃんは変わらず

 「自分の人生をどう社会で活かすか」

 を真剣に考えてました。
 また、以前は仕事が好きだったのに「仕事はしたくないー。もうやりきったから。」と言ってました。
 
 「仕事はせずに、自分が食べていけるだけの不労収益を得て、
  自分は社会のために何かをするのに専念したい。」

 ということだそうです。
 かく言うAちゃんはさらに東京で投資用のマンションを購入し、更に金融商品を海外から直接買ってる
 (日本の金融庁を通すと手数料やらなんやらで利回りが悪いとかで)そうです。
 うーん、相変わらず先進的。。。
 勿論それが正解だとは私も思わないし、Aちゃんもそう思ってない訳だけど、Aちゃんらしい人生の歩み方だな、とw

 そして、
 「私らはパッと見似てないけど、
  自分で納得しないと駄目なところや、
  自分の人生に真面目だけど、
  イイと思っちゃったら、道徳とか常識とか無視して突き進んじゃうところが似てるよねw
  ややこい性格で困るよね[あせあせ(飛び散る汗)]
 なんてしみじみ語ってました[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

 そんな私とAちゃんの合言葉は
 
 「人生を楽しもう」
 
 です。多分f^^;

 別に「合言葉」としてことさら意識してる訳ではないけど、数年間お互いに何度となく口にしてる言葉です。
 
 本当に一杯元気を貰って楽しかったです。
 色んな事に感謝したい一日となりました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

12月の発表会 [ピアノ@発表会etc]

毎度毎度の連投です。 本日2回目の記事。

今更ですが、12月の発表会について覚書します。

11月に発表会があったのですが、事情があり同じ曲をエントリーすることが出来ませんでした。
なので12月の発表会は、

  ・チャイコフスキー 花のワルツ (先生と連弾)
  ・バッハ=ヘス  主よ、人の望みの喜びよ

を演奏しました。

場所はモダン教会
「主よ、人の望みの喜びよ」を教会で演奏するのがちょっとした夢だったので、夢が叶って嬉しい♪
けど、、、
11月の練習会と同じ曲を弾けなかったので、たった2ヶ月でみっちり4曲を練習しないといけなかったのはきつかったです[ふらふら]
練習しながら、何度となく「しんどいよ~」と心の中で愚痴ってましたw


当日は、出番が後ろの方で、

 「早く自分の出番が来ないかな~」

なんて思ってました。
緊張は勿論してたけど、早くピアノに触りたい!て感じでした[メール][あせあせ(飛び散る汗)]

しかもピアノが「KAISER」とかいう聞いたことのないメーカーだったので、待ってる間は
どんな音が鳴るのかドキドキ、ワクワクと言った感じでしたw

そして私の番。
始めに「花のワルツ」(連弾)を弾いたのですが、初めての人前での連弾だったのでいつもより緊張しました。
それに、先生と指や腕が当たる当たるw
ガツガツ当たりながら弾くのって結構気を使います^^;
演奏を楽しむよりも、「とりあえずひく」ことで精いっぱいで、連弾の難しさを体感しました。
2台ピアノとかだったらまた違うんでしょうけど。。。
自分の力が出し切れたか、という観点で見れば65点位の演奏でした[たらーっ(汗)]


次に「主よ・・・」を弾きました。
これまでで一番ふっ切れた(?)演奏が出来ました。
多分、自分の世界に入ってたと思いますw
多少のミスはありましたが、先生も殆ど気付かなかったようで。

ピアノの鳴りに合わせて「ここはこう言う風に打鍵したらいい音が出るのでは?」と
その場で演奏を変えられたことも自分としては収穫でした。

また、バッハは楽譜が頭から抜けやすく、途中でつまづくと止まってしまいやすいですが、
そういったことも無く、最初から最後まで、自分の描いた世界観で弾き切れて良かったと思います。

人に見られていることも「恐怖」ではなく「楽しい」気持ちさえしました。
流石に「快感」とまではいきませんが、楽しく演奏出来て良かったですf^^

自分としては一つ成長が確かめられた発表会でした。

やはり人前演奏は大事ですね。

因みに、発表会は練習会よりも緊張感が凄いです。
色んな方の演奏を見ることも楽しかったし、また発表会に参加したいですね。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(今頃ですが)新年の抱負 [目標]

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年一発目の記事ということで、今年の目標なんかを書きたいと思います。

その前に、去年の自分についてちょっとオサライします。

ピアノ活動について

 【人前演奏】
  ・発表会に2回(11月、12月)出ました
  ・練習会に4回(5月、7月、9月、12月)参加しました
 【練習した曲】
  ・ベートーヴェン 悲愴 2楽章
  ・ドビュッシー アラベスク 1番
  ・モーツァルト キラキラ星変奏曲
  ・チャイコフスキー 花のワルツ(連弾) ⇒発表会のために練習

  ・ツェルニー30番の 24番まで終了

特筆すべきことは、
9月の練習会で、関西を拠点とする某、大規模アマチュアピアノサークルの幹部の方と出会ったこと。
この練習会の後の宴で幹部の皆さんと色々とお話しし、私の演奏も聞いて貰い、
なんとそのサークルの会員にして頂きました[ぴかぴか(新しい)]
これは凄いことなんですよね。実は。
現在このサークルは会員が多いので会員になりたくてもなかなかなれないのです。
実は、密かにこのサークルのメンバーになることも夢だったので、とても嬉しかったです。
皆さんとは楽しく会話ができ、
また、ピアノが大好きで意識の高い人ばかりで良い刺激を受けました。
本当に素敵な出会いでした。
感謝感謝[ぴかぴか(新しい)]

また、自宅にグランドピアノが来たおかげで基本的なところで演奏が変わりました。
指の力も以前より強くなったと思います。
そのおかげか、発表会などでいきなり初めてのピアノを触っても、以前のように
「全然弾けない」「指が回らない」
等のことが減ったと思います。

人前演奏が楽しいと思うようになってきました。
これは凄い変化です!

英語
   殆どこのブログでは書いてきてませんが、4月から地味に英語の勉強を続けてました。
   以下のNHKのラジオ番組を中心にやってます。
    ・基礎英語2、3
    ・英語5分間トレーニング
    ・ラジオ英会話
    ・リトルチャロ
   上記番組をラジオサーバに落して勉強してます。
   上記番組をサラッと聞き流しただけでも65分間あり、
   実際は再生を止めて辞書で調べたり、リピーティングしたりシャドウイングしたりする時間があるので
   時短の意味も込めて音声は1.25~1.5倍速で再生して聞くようにしてます。

   1年近くやり続けましたが、
    ・発音が良くなった。
    ・耳が良くなった。
    ・英語の文法構造に脳が慣れてきた。
   等の成果がありました。

   とは言え、英語のアニメーション(英語圏の小学生向け)でさえ、50%位しか聞き取れません。
   勿論話の流れは絵やなんとか聞きとった単語などで追えますが、
   【全てのセリフを正しく把握できてない】と言った感じです。
   
   1年近く真面目にやりましたが、この程度です。
   でも、語学だし、そもそも英語を勉強することに関して明確な目標が無い(仕事で使うなどの)ので
   戦略的・効率的な勉強が出来てるという状態ではないですし、こんなもんかな、とも思います。
   
   また、今年の初めの方で、「TOEICで○点以上取る」等の具体的目標を上げましたが、
   TOEICで点数を取る勉強は英語の根本的な勉強にはならないかな、と思い、結局やってません[あせあせ(飛び散る汗)]


======================

2011年をオサライしたところで、今年の目標ですが

★ピアノ活動
  
  ・ツェルニー30番を終わらせる
  ・ツェルニー40番を練習する(5番までは終わりたい)

  ・バッハの インベンションとシンフォニア を練習する

  ・以下の楽曲を練習する
    ・ショパン 幻想即興曲
    ・ベートーヴェン 悲愴 3楽章
    ・ショパンのワルツを練習する(未定) 今のところの候補は 「ワルツ 嬰ハ短調 作品64第2番」
    ・ムソルグスキー 展覧会の絵 より 「キエフの大きな門」

  ・モーツァルト トルコ行進曲 の完成度を上げる。

  ・練習会に積極的に参加し、人前演奏を楽しむモチベーションをキープする。

  ・(サロンではなく)コンサート会場で演奏をする  ⇒ピティナのステップや試験などを利用。

  ・関西での練習会に参加する


★英語

  英語アニメのセリフを全部把握する。
  因みに、今現在ハマってるアニメはコレ↓
  
リチャード・スキャリーのビジーワールド。

  実はこれは子供の頃、お母さんに絵本で買ってもらってから大好きだった。
  当然当時は日本語訳だったけど、絵がとても素敵で、キャラクターも皆可愛くて、
  本当にワクワクする絵本だった。 
  この絵本のアニメーションが存在することを大人になってから知った時は本当に嬉しかった。
  YouTubeに感謝。


★勉強を教えるボランティア

  2011年はまず生徒に慣れて貰うことで終わったけれど
  今年はもう少し踏みこんでいきたいと思う。

  今は勉強が苦手な子を少しでも出来るようにするのが教室の目標だけれど、
  教室から【勉強が出来る子】が一人でも出てくるような支援が出来るようにしたいし、
  そういう観点で子供たちと接していきたいと思う。


★子育て

  色んな体験が出来るよう、色んなところに連れまわしたい。
  子供には好きなことや楽しいことを一杯見つけてほしいので。



なんか、子育ての目標が一番具体性がないな(笑)

勿論、やる気がないわけじゃないですよ[8]
でも願望を押しつけたくないし、この時期の子供はどんどん変わっていくので
具体的に何かを示すのは難しいな、というのが正直なところ。

適切なタイミングで適切な働きかけが出来るよう、
つかず離れず、子供を見守っていたいな、という感じです。


ということで、長たらしいですが、今年はこんな感じで頑張ろうと思います[わーい(嬉しい顔)]
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽