So-net無料ブログ作成
検索選択

今年を振り返る [目標]

一年を振り返ると、本当に色々とありました。

今年は子供幼稚園問題から色々とバタバタと始まりました。

ピアノにおいても大きな変化がありましたが、
私生活においても色々と変化がありました。

その中の一つ・・・
大事な友だちだと思っていた人との別れもありました。
きっかけは私にもあったのでしょうが、
結果的に相手から一方的に酷いことを言われ、され、絶縁されたといった形です。
「まさかこの年になってこんな終わり方ってある?」と思うような終わり方でした。

あまりに一方的で私としては納得いってないのですし、怒りも感じましたが、
相手が錯乱しているとさえ感じたし、私の友人関係のことで家族に迷惑かけたくなかったので、
勿論、感情を相手にぶつけるような事はせず、
とにかく嫌みなく自分の考えを伝え、
身をひくことにしました。

多分相手は病気なのだと思います。。
事実今年はじめに、身体的に重病を発症しました。
その辺からどんどん被害妄想が始まったと思います。
会えば、知人や友人に対してネガティブな発言が増えました。
一緒に話していてもいつもつまらなそうでした。

本当は彼女は人生の大きなピンチを迎えてるのかもしれないですが、
手を差し伸べられない、と思いました。
最後の対応があまりにも人としての誠実さを感じ取れなかったのと、
とにかく私には荷が重すぎました。

「人との繋がりはこういう風に消えるのか」

と、一つ悲しいけれど勉強しました。

冷静に書いているように見えるかもしれませんが、
当時はとても辛かったし、心も大分痛んだし、歪みそうでした。

黒い感情で一杯になった時もあったし、
人付き合いも怖いし、
他人も自分も信じられなくなりそうでした。

でも

「相手がどんな人間であれ、
 とにかく自分はどうしたいのか?
 どういう風な対応をしたら自分が自分をちゃんと信じていられるか」

常にそう心に思って、自分の言動や考えを決めていきました。

この件に関して、100%満足な対応が出来たか、というとそうではないけれど、
自分としては自分を見失わなかっただけでも、偉かったと、自分に言ってあげてます、、、
ちょっと変かもしれませんが。。。


話は変りますが、本当に病気は怖いですね。
今まで当たり前に出来てたことが出来なくなったら、自分も心をゆがめそうになるかもしれない、
と感じます。
私も最近加齢とともに体の変化を感じてますし。。。
老いていく自分をどう受け止めるか、も大事な人生のテーマなのかな、と感じるようになりました。



生きていく上で不安要素は一杯あります。
というか、考えれば不安要素だらけです。
でも、そういう不安要素に絡め取られてネガティブになり過ぎないようにするのは、
もはや自分でコントロールするしかないと思います。
そして心の不安を生み出してるのは自分自身。

 結局は自分自身の問題。

少なくとも私にとっては。
そんなことを強く感じた一年でもありました。



また、今年は
 
 好きでも嫌いでも
 家族は家族

という、言葉が身にしみた一年でした。

 家族は好きだから一緒に居るとか、
 嫌いだから離れるとか、
 そんな簡単なもんじゃない、

という意味です。
実はこれは大ヒットドラマの「マルモの掟」で使用されていた言葉です。
たかがドラマ。されどドラマ。。。。この言葉は本当に深いなと思いました。

自分の親や夫、子供、兄弟、夫の家族・・・等とこの言葉を照らし合わせてみると
とても色んなことを感じました。

他人と繋がって「友人になる」・・・という繋がり方と「家族になる」では大きく違うのだと感じます。
結婚して子供が生まれて4年経って強く感じました。 

勿論、結婚する以前から私には家族はあった訳だけど、その時にはあまり感じられなかった・・・
子供が居ると人生の捉え方が変わるとは言うけれど、きっとこれもそうなのだろうと思う・・・
結婚して、子を持ち、
家族というものが何なのか、
ようやく分かってきた気がする。
遅いかもしれんけど[あせあせ(飛び散る汗)]



そして、話は変わって、
今年は近所の子供に勉強を教えるボランティアを、本格的に始めた年でもありました。
去年や今年の初めは多忙と体調不良により、殆ど参加できませんでしたが、
今年中旬頃から再び参加しています。
子供はオモシロイです。
中学生くらいになると、全く言うことを聞いてくれないし、
「○ね」とか「こ○す」、「き○い」みたいなことを、平気で言ったりしてちょっと怖い時もありますが、
彼らが今何を感じているのか、触れるだけで私としても勉強になりますし、
自分の持ってる知識や知恵が少しでも役に立つのであればそれは嬉しいことです。

教育問題などで色々と問題は抱えている地域に住んでいますが、
不安や不満だけ言ってるのも性に合わないので、
出来ることからやっていけたら、と思います。




話はまたまた変って、なんと、実は、
グランドピアノを今年の10月末に購入しました!!
報告遅くなりました^^;
勿論新品じゃななくて、30年前のヤマハの中古だけど、
セミコンサイズで、とてもタッチが繊細で、オモシロイです!!
私の尊敬する偉人「レオナルド・ダヴィンチ」に因んで
【ダヴィンチ】と命名しましたw
ピアノから「外人」と「男性」のイメージが浮かんだもので[わーい(嬉しい顔)]
黒いつやつやのボディーでウットリしてます[ハートたち(複数ハート)]
ピアノとは一生の友達で恋人で家族でありたいと思います!!

ダヴィンチが我が家にやってきてから、私のピアノ道にも変化が起きました。
タッチや音色に前よりこだわるようになりました。

 無駄のない動きや力、フォームってなんだろう?

と考えるようになりました。
アップライトの時よりも繊細に反応してくれるので、最初は戸惑ったし
自分の技量の無さにショックを受けましたが、
ここから、またゼロから積み上げていこうとも思いました。

ピアノを弾くことは、孤独で、人生そのもので、
でもやっぱり、幸せなことなのだと思いました。

だからこそ、自分の出来るだけの力を持って、美しく鳴り響かせたいと思います。
そして私自身の人生も[ぴかぴか(新しい)]

以上、
なんかごちゃごちゃになりましたが、
今年は変化の多い一年でした。

今年を漢字一文字で表すと「転機」、「転園」(息子の)などから「転」かなぁ、と思ったりもしたけれど、
私としては家族というものを再認識し、ピアノ道とボランティアを再スタートしたので

「再」

としたいと思います。
自分の心が再びあるべき姿に戻ったとうい意味でも。

喜怒哀楽、色々あったけれど、充実した一年でした。
本当にありがとうございます。

最後まで読んで下さった方にどうぞ、モーツァルトのハッピーなピアノソナタを


本当に幸せ一杯の曲です[ぴかぴか(新しい)]
いつか誰かと共演したいなぁ[黒ハート]


それでは

 来年も、喜びを持って(Mit Freude!)[ぴかぴか(新しい)]

発表会でしたand【演奏動画】キラキラ星変奏曲 [ピアノ@自己紹介・動画]

先日、ピアノ教室の発表会がありました。
実は風邪ひいたり、家族が入院したりと、バタバタでなかなか日記が書けませんでしたが、
充実した発表会だったので覚書ます!

場所はいつもお世話になってるピアノ教室の3階のサロンです。
ピアノはスタインウェイ。


私は2曲エントリーしていて、

 ・ドビュッシー「アラベスク 1番」
 ・モーツァルト「キラキラ星変奏曲」

でした。
ドビュッシーの方は1部で、モーツァルトの方は休憩後の2部で演奏しました。


一曲目のドビュッシーはアホみたいに緊張して、指が震えまくりました。
頭の方はまだ冷静だったのに、手があり得ないくらい震えてたので制御ができず・・・
ゆっくりとした曲なのが仇となって、使ってない指の震えが半端なく、
客席から(めっちゃ近い)まる見えなんじゃないか?と、余計なことを考えて余計に緊張する有様。

元々曲に対する苦手意識もあって、曲に入り込み切れず
普段間違わない様なところで間違いまくり、音飛びまくり、で悲惨でした。。。

曲が止まらなかっただけでもマシとするかなぁ・・・

てことで、50点。[たらーっ(汗)]



二曲目のモーツァルトは、思った以上に弾けた。
勿論緊張はしたし、細かいミスも一杯したけれど、7分半の間、ほとんど集中力を切らすことなく、
曲に入り込めたと思う。

弾き終わった時、なんとなく・・・勘違いかもしれないけれど、会場のお客さんが
集中して聞いてくれた空気が伝わってきた気がした。
こんなこと初めて。 嬉しかった。 いや、勘違いかもしれなけれど。

ところで、ミスしたところの殆どが、
【普段弾けてて、ほとんど取り出し練習したことないところ】だったので、
今後は全体をきちんと仕上げなければ、と良い教訓になった。

7分以上の曲を人前で演奏したこと自体が初めてで、私には未体験ゾーンだったけれど、
大好きな曲だとここまで集中しきれるもんなんだな、と良い経験になった。

因みに、この曲はラストでモーツァルトがどや顔で
「どうだ俺の音楽は!(凄いだろう!)」
と言ってるようなイメージがいつも湧く。
「ジャーン!!」という和音で、終わりがはっきりしてるし、
華々しくて、演奏してると、私自身も最後はテンションアップする(笑)

演奏直後は毎回、
「ふー!」
と達成感からか(?)大きな一息がもれるのだけど、
発表会当日も弾き終わった瞬間
「ふー!!」
と、皆が見ているのにも関わらず大きく息が漏れてたし
その時、いつも通りの演奏が出来たんだなぁ、なんてぼんやり思った。


色々課題はあるし、完成度と言う意味ではまだまだだけれど、
今の力を出し切れたか、という意味では80点かなぁ。(甘い?)


てことで、2つ合わせて平均65点の発表会でした。

また、やっぱり人前演奏は大事だな、と改めて思いました。


演奏会で弾いたものではないですが、「キラキラ星 変奏曲」です↓
途中、かなりリズム悪いし御耳汚しになりますが、良かったら視聴下さい。



因みに、何度か記事に書いてきましたが、この「キラキラ星変奏曲」は私がピアノを再開するきっかけの曲です。
今から約3年前、まだ当時赤ちゃんだった息子に情操教育のために
なんとなくかけていたピアノCDの中の一つにたまたまこの曲が入っていて、
聞いてるうちに、

 「わたし、ピアノ弾かなきゃ!!!」

とズキューンと、急に思い立ったのです。 
それこそ神の啓示の様でしたw(精神的に無宗教者ですが)
理屈じゃございませんでした(笑)

それからは1年間独学して、去年の4月からようやくレッスン受けて、今に至る訳でございまして。。。
思えばあっという間の3年間でした。

その間、様々な素敵な出会いがあり、
目指すモノが見えてきて、どんどんピアノにハマってます。
「ピアノが好きで良かった」と思う日々です。


発表会の後に嬉しいおまけがありました[ひらめき]
一緒に発表会に出ていた、上のレベル先生(私が師事したいと思っている)の一番弟子の方に
「凄く良かった」と言って頂き、

 「キラキラ星は、おもちゃ箱からなにやら楽しいものが次々と飛び出してくる感じがした」とか
 「ぱえさんと一緒にモーツァルトの2台ピアノのソナタを演奏したら楽しそうだ」とか

恐れ多いけれど、とても嬉しい言葉を言って頂きました。

また後日、母の前でキラキラ星を演奏した時も、いつも辛口なのに、

 「良かった」
 「自然にやってるんやろ?きっとモーツァルトはセンスがあるんやろなぁ」
 「適度に全ての音がマルカートなんやろなぁ、
  それはやろうと思って出来ることじゃないから凄い個性やで」

と、言われ、感動ウルウルでした[もうやだ~(悲しい顔)]

これからも頑張って演奏しよう!!
と励みになりました[わーい(嬉しい顔)]
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽