So-net無料ブログ作成

先生 [ピアノ@思うこと]

本日2つめの記事です。いつもの?立て続けアップです。

今日、二週間ぶりにピアノのレッスンでしたが、
先生がいつもよりもハイレベルな要求をしてきた気がしました。
また、脱力の仕方など、演奏の基本となる部分をより細かく指示されました。

帰りに教室のスタッフさんと少し雑談していたら、
先生から【私を同教室のハイレベルな先生に就かせようか考えている】
という相談をこの前受けた、と言っていました。

実はその先生は以前に日記にも書きましたが、
私も習った方が良いのか悩んでいる先生でした。

ビックリしたともに、「もっと上手になりたい」と思っている私の気持ちを
察してくれて応援しようとしてくれている先生の気持ちが本当に嬉しかったです。
そしてちょっと寂しくなりました。


ピアノを始めてから、本当に素敵な出会いを沢山頂きました。
そして、困った時や道に迷った時、背中を押してくれたり、手を差し伸べてくれたりする人が
不思議と現れます。

今まで生きてきて、こんなに道が自然と開いていったことなんて殆ど無く、
割と拗ねた人間だった私にとって、その不思議な流れがとても特別なことに思えるのです。

2つ前の日記で
「自分を受け入れてくれたピアノに本当に感謝」
といったことを書いたのは、そういう↑ことがあっての気持ちなのでした。


帰りの車の中で色んな気持ちがあふれて少し涙が出ました。(涙もろい)


ピアノを裏切らないように頑張りたいと思います。



年末までは発表会が立て続けに2つ入っているので
すぐにすぐ先生を変える、ということは無いと思いますが、
来年あたり今の先生から卒業するかも・・・。

それまで、先生に少しでも満足して貰える演奏が出来るよう、頑張ります[ぴかぴか(新しい)]
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゴンドラの船頭歌 [ピアノ@自己紹介・動画]

お久しぶりです。

実は、今奏法などを見直している関係上、
独学時代に練習していた比較的簡単な曲を練習しなおしてます。

その中の一つが「ゴンドラの船頭歌」。
いざ弾こうと思っても、すっかり忘れてましたが、楽譜を追っているうちに徐々に思い出しました。
この程度の難易度だったら、1日もあれば思い出せました。
ちょっとは、進歩したのかな。



実はこの曲を練習中に、人間関係でとても嫌なことがありました。

最近は感情コントロールに長けてきたのか?、
いちいち他人に、憤ること自体があまりなかったのですが、
久しぶりに、というか、これまでで一番、自分を見失いそうになるくらい、傷つきました。

自分でもビックリするくらい黒い感情で一杯になって、そんな自分が嫌だったのですが、
この曲を弾いているうちに、

 凄く辛く悲しいことがあって
 それが、一時的に心をかき乱したとしても、
 再び、心の芯には【正しいモノ】を取り戻したい

そう思えるようになりました。
不思議ですが。
癒されるんですよね。

【正しいモノ】とは、抽象的ですが、【信じられる自分で居られるための信念】のようなものです。
人それぞれ違うんでしょうが、私なりに、です。

この曲は短い船頭歌ですが、
凄く深いモノを感じます。

美しくて優しくて大好きです。

そういう世界観を出せているとは思いませんが、
タッチや曲想の追求のためにとても良い曲なので、
これからも弾き続けたいと思いました。

毎回練習する前のウォーミングアップ曲にしようかな~
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。