So-net無料ブログ作成

半年ぶり日記(超長編!) [ほっこりとした日常etc]

実に半年ぶりに日記をアップしてます^^;
いやはや、読む人、居るのだろうか。。。

まぁ、覚書ってことで・・・
この半年。
ビックリするくらい濃い半年だったかもしれない。


まずは、、、
予告してましたが、4月の下旬に第二子を出産しました。
出産前日に怒りで家出したり、本当にバタバタでしたが(^^;、
なんとか無事に生まれました。

一人目は無痛分娩でしたが、今回はかなりチャレンジして普通に産みました。
もうかなり辛くて、大絶叫でしたf^^; まぁ、詳細は割愛しますが。。。
でもありがたいことに出産自体は陣痛始まってから1時間位で終わってくれたので
それが救いだったかもしれない。。。

痛くてたまらなかったハズなのに、二人目の余裕なのか、予後はよかったです。
順調に予定通り体も回復して、生まれたばかりの子供は可愛くて仕方なくて
本当に幸せをかみしめていました・・・途中までは・・・


産後、2ヶ月。事体は急変しました。
なんと、原因不明の腰痛に襲われました。
もともと腰痛持ちではないのですが、産後2ヶ月ごろから
寝てから3時間もすると、腰に激痛が走り目が覚めるという症状に襲われました。
それは眠ってる時だけ発生する腰痛で、起きて活動してるうちに痛くなくなってくるのですが、
一旦痛くなると2時間は起きて別の事をしてからじゃないと痛みが緩和ないのです。
それを無理矢理にでも寝ようとしても、とても激痛で寝られたものではありませんでした。。。
つまり、日中は普通に生活出来るのですが、
まとまった睡眠が3時間くらいしかとれなくなったのです。

訳が分からず、整形外科を3つほど回りましたが、MRIやレントゲンを撮ってもこれと言って原因は不明で。。。
症状はいっこうに良くならず、原因も分からず本当に辛い日々でした。

生まれたばかりの子の世話に加えて、家事、上の子の子育て、等、
やることが満載で、ただでさえ睡眠不足と過労気味なのに、
体を横たえて寝ることが出来ないというのは本当に地獄でした。

カイロプラクティックやマッサージ、整体など、色々回りましたが、なかなか症状は改善せず。

毎日睡眠不足で疲れがとれず気が変になりそうでした。
人間は睡眠がとれないととてももろいものだと思います。
寝ることで体の疲れをとったり、辛いことや嫌なことを忘れられたりできますが、
それが出来ない訳ですから。。。
それに、寝ざめがいつも激痛なので、それも鬱でした。。。

それでも毎日気丈に頑張ってたと思います。

でも2カ月後、そんな自分が脆くも壊れてしまう出来事がありました。

もともと上の子が実家の父、母に気に入られてないのは分かっていたので、里帰りせず出産しました。
でも地元で、私のような腰痛を専門に扱っている治療院があったため、治療を受けるべく、
1週間ほど実家で、子供2人連れてお世話にならなければいけなくなりました。
これが、赤ちゃんを連れての初めての里帰りでしたし、時期もお盆だったのでちょうど良いと思って帰りました。 
しかし1週間実家でお世話になった後、父から

 ・1週間も連れて帰って来られて迷惑だった。
 ・もう上の子を連れて帰ってくるな。
 ・(上の子は)将来ロクな人間にならない。性格が悪すぎる。
 ・(私も子供も)旦那の実家側の人間なのだから、そちらの人間として育てて欲しい。
  関わりたくない。
 ・姉の子は可愛いが、お前の子は邪魔だった。

と、言われました。
↑で書いたことは全くオーバーでは無く、本当にこのまま、この通り言われました。
何度も何度も。

もともと父とは良好な人間関係ではなく、小さいころから
酔っ払った時等に暴力、暴言を受けていたのですが、
最近大分まるくなっていたので、油断していました。。。

上の子はとにかく育てにくい性格で、私自身何度も涙することがあったので、
父も母も1週間は本当に大変だったとは思うのですが、あまりにもストレートな言われようで、
一番辛い時に見捨てられたと感じました。
また、母も父が私に暴言を吐いている時、隣に居ながら見て見ぬふりでした。
母は昔からそういう人で分っていたことでしたが、これには酷く傷つきました。

そのころの私は原因不明の腰痛で、日々を生きるのだけで精一杯でしたし、
どんどん腰痛が悪化して、1時間も寝れば激痛で目が覚めるような状況で、
ただでさえギリギリのところで踏ん張っていたのに、
この出来事には完全にトドメを刺されました。

夜、眠さで気を失うように寝るのですが、寝入った瞬間、恐怖で目が覚めるようになりました。
本当は痛みが発生するまでは少しでも寝るべきなのに、恐怖が込み上げてくるんです。
寝なければいけないと分かっているし、実際眠くてしょうがないのに、寝られない・・・ 
意味が分かりませんでした。
心のバランスを完全に崩してしまったのです。

また、これまでは腰痛が起こって居ない日中は、それなりに楽しく生活できていたのに、
それ以降、日中でさえ怖いことや暗いことばかりを想像し、
ついには動悸がし、まともな思考が出来ない位に狂っていきました。
死も意識するようになりました。
腰痛に端を発し、自分の人生がどんどん狂っていくのが分かりました。

そしてある日の朝、義母に

 心と体が狂ってしまい、子供を守って行くことが出来なくなりました。
 ごめんなさい。
 助けて下さい。

と泣きながら電話をしました。

義母はすぐに飛んできてくれて、そのまま心療科に連れて行ってくれました。
その日から、旦那の実家で暮らすことになりました。
8月の下旬頃だったと思います。
因みに、それ以降、実家とは縁が切れてしまってる状況です。

心療科では【産後鬱】と診断され、鬱の薬と神経痛を止める薬を処方されました。
腰痛についても【ストレス性によるもの】と診断されました。

元々、新薬を飲むのは苦手だし、うつ病の薬の場合依存が怖いので、本来ならば飲みたくないのですが、
当時の私は、逆らう元気も無く、言われるままに治療を受けました。
薬はよく効いて、精神的な不安定は取れて来ました。
ただ、これに至るまでは色々あって、それこそ痛みと不安で私が夜徘徊することもあったので、
義母や義父に大変な心配と迷惑を掛けました。
後日談ですが、当時医者から入院も勧められていたので、義母は幼い子供たちのことを心配して
眠れなかった日があったそうです。
そんな中、文句を言わず、ただただ受け入れてくれた義父母には感謝しています。

腰痛についても、神経痛の薬が効いているうちは痛みが取れてよく眠れるようになりました。
ただ、元気を取り戻すとともに、腰痛については明らかに別の要因があるような気がしてきました。
ストレスではなく、骨格的なズレによるものじゃないかと。
なぜなら、睡眠中、神経痛の薬が切れかけた時の痛みが激しかったからです。
明らかに体のどこかに異常があると感じました。
おそらく、痛みについては薬でごまかしてるだけで、本質的な改善をしなければ痛みは
出続けると感じるようになりました。 確証はないのですが。

精神に作用する薬を処方されてはいましたが、腰痛については自分の直観を信じようという
気持ちが沸いてきました。

ただ、病院からは問題なし・原因不明と言われてしまい、
カイロや整体等、色々回っても悪化する一方だったので、治療をすることが怖くなっていました。

治療するべきか否か・・・で悩む日々でした。
悪化した時の事を考えると、勇気がなかなか持てませんでした。

でも「やっぱり根本的な解決をしたい」と思い、ネットで目ぼしい治療院を探してそこに行くことにしました。
県外で新幹線でしか行けない場所でしたが、賭けでした。

そして、そこで治療を受けましたが、1度の治療でかなりの改善がみられました。
6,7時間位は寝られるようになったのです。
骨格的にも、仙骨の歪みを感じていたのが、出産前の位置に戻って、
自分でもなんとなく懐かしい感覚がしました。 あぁ、前はこんな感じだったかもしれない、と。
感激しました。

このころから心療科で処方された薬を飲まなくなりました。
医師の指示を無視して自分で勝手に減薬してしまったのです。
薬の辞め方を誤ると、逆になかなか辞められなくなってしまうこともあるので、
本来は医師の指示に従うべきなんです。。。
ただ、元々私は薬が効きすぎるようで、最低限の量しか処方されてなかった
(本来大人で2錠処方されるところを1/4の半錠しか処方されてなかった)のも有ったし、
手足がしびれるという激しい副作用が出始めていたので、自己判断で辞めてしまいました。
それから、きちんと辞めれるような気もしていました。 実際、以降、全く飲まずに生活出来てます。


県外の整体で劇的に回復しましたが、治療後、少しずつ元に戻ってしまうのを感じました。
なので、2回、3回と治療してもらいましたが、初回のような劇的な変化はみられませんでした。
3度目に至っては、ヘルニアのような痛みが発生し、神経痛が日中も出るようになってしまいました。
夜は6,7時間寝られるけれど、日中が四六時中痛くて痛くて。。。
余りにも辛くて夜に号泣した日もあります。

違う症状も出始めてどうなってしまうのか・・・・不安でした。
ただ、大きいところでの骨格的ズレは無くなってきたのを感じてはいたので、希望は持っていました。
それが先月末です。


ある日、ふと、目が覚めた時に「腹筋鍛えなきゃ」と思いました。
何故か分からないけど、急にふと・・・(笑)

で、これまでの自分は「骨格的ズレを治さなきゃ」と思っていて、
骨盤周辺のズレ、特に仙腸関節症を疑っており、過去に治療院で
「仙腸関節症の中でも難治性の【仙腸関節不安定症】の可能性がある」と言われて、
とてもショックだったのですが、考え方を改めて、
「そもそも骨盤を支える腱だったり靭帯だったり、筋肉だったりが出産で弱ってるんじゃないか」と
思うようになりました。
だから、骨格を治しても、結局そこが弱ってるままなら治してもすぐに悪い方へ戻ってしまったり
不安定な動きをしたりしちゃうんじゃないかと。
関節だけに原因があるとは思えなくなってきたので、骨盤周辺の筋肉や靭帯を鍛えるような
ストレッチなり筋トレをするべきじゃないかと考えるようになりました。

ただ、少し腰を動かしても神経痛が出るようになってしまっていて、
トレーニングはおろか、普通に動かすこともこわごわ、という状況でした。

 「なんとか痛みがとれないだろうか・・・?」

ペインクリニック等のブロック注射なども思いつきましたが、
麻酔やステロイドのリスクを考えると、なかなか踏み切れませんでした。
そして色々と調べたどりついたのが、アキュスコープという機械でした。
 http://www.sunmed.co.jp/medical/acu_myo.html

これは微弱電流により効果的に痛みを取ることが出来る不思議な機械で、
NASAが開発したものだそうです。
この微弱電流というのは、元々人間の脳から体に流れている生体電流と同じものなのだそうで、
怪我の早期回復や、私のような神経痛にも効くそうです。。。
しかも即効性が高いとか。
プロのスポーツ選手がよく使用されてるそうです。

何やら凄そう。。。
治療自体、痛みをほぼ感じないらしいし、副作用も全く無いらしいし、試してみる価値はありそう。
ただ、このアキュスコープにはアキュスコープ80Lとアキュスコープキャリーというものがあるそうですが、
キャリーの方は簡易版で、80Lの方が絶対的に効果が高いとのこと。
効果が高いだけあってお値段が高額になるらしく、
アキュスコープ80Lが置いてある治療院自体がまだ少ないとのこと。

近くにあるだろうか?と探してみたら、意外と近くに1件ありました。
で、怖々電話しました。(←治療院に対する不信感も募ってた時期なので)

この頃、骨格を触ると痛みがすぐ出ていたので、治療院には
 ・手技による治療をしないで欲しい  (←失礼だよね(笑))
 ・アキュスコープだけで治療して欲しい
と伝えました。

なんとなく感じ良さそうな先生で、

  「そんなに怖がらずに一度気軽に来て下さい(苦笑)」

と言われ、勇気を出して治療院に行きました。

先生は年が近くて話しやすかったし、アキュスコープのみで治療して下さいました。
で、そしてその効果ですが、かなりありました!
初回でもなんだか身軽になった気がしましたが、2,3回とするうちに
日中悩まされていた神経痛が消えました。
夜間の腰痛については根本治療出来てる感じはありませんでしたが、
骨格の異常によりここ数カ月でボロボロになっていた腰が、回復しているのを感じてます。
アキュスコープは痛んだ組織の修復・再生を早める効果があるとは聞いていましたが、実感しました。

ただ、私の場合、アキュスコープの微弱電流が痛くて治療中も「痛い痛い」と言うことが多々ありました。
先生は「こんなに痛がる人初めて」と言ってました^^;
それから、何故かアキュスコープをしてから睡眠中に体の一部がしびれることが時々ありました。
帯電してるんだろうか・・・
その他、ちょっとした体の反射が鋭いらしく「体の反応がすごく素直ですね」と驚かれました。

まぁそんなこんなで、日中の神経痛はおさまりつつあるので
今はストレッチや筋トレをしています。
産後、衰えている筋肉を中心に鍛えたかったので、この本を参考にしました。


産後骨盤ダイエット

産後骨盤ダイエット

  • 作者: 山田 光敏
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/03/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




タイトルはミーハーですが、産後の筋肉の状態等が詳しく解説してあり、とても参考になりました。

もう年だから? 二人目だから? と諦めてかけていたぽっこりおなかですが、
2週間ほどで引き締まってきました。 かなり効果感じます。

肝心の腰痛ですが、完全には消失してませんが今は7~8時間は寝れる感じです。
やっと人並みになりました。
とは言え、まだ痛いでので引き続き鍛えて行こうと思います。


やっと平穏が訪れた・・・


と思っていましたが、なんだか胃が痛い・・・

実は腰痛が激しかった時も胃が痛かったのですが、腰痛の方があまりにも激しかったので
胃の方まで気が回っていませんでした。
でも腰痛がおちつてきたので今度は胃が痛い。。。
日に日に酷くなってる感じがする。。。
ご飯が食べられなくなってきた。。。

もう何か月も痛いし、一度検査に行った方が良いかもしれない・・・そう思い病院へ。
胃カメラをのむことになりました。
長い間痛いのを放置していたので、酷いことになってたらどうしよう・・・と不安になりました。

一難去ってまた一難・・・

で、先日検査してきましたが、結果は
 
 「ストレス性胃炎」

だそうで。胃からしっかり流血してました。。。
本来とても綺麗な胃だそうで、典型的なストレス性胃炎の症状です、と言われました(笑)
医者にはストレスがあるとは一言も言ってないですが^^;

長らく、腰痛によるストレスにさらされていたし、
実家と絶縁状態になったことなども起因してるんでしょう。

 「これ、相当痛いでしょう?
  よく今まで我慢してましたね」

と言われました。

 「いやいや、我慢してたんじゃなくて
  腰痛がもっと酷くて、それどころじゃなかった」

とは言えず、苦笑い。。。

でも、癌とかじゃなくて良かった、と心底思いました。
まだまだ子供たちのために頑張らなければいけないからね。

そんな感じで、今も胃炎と闘いながら生活してます。
なかなか治らないし。

もう、精神的にも肉体的にもおなか一杯。


因みに、先月、今から2年前に「全部あんたが悪い」と一方的に絶縁してきた友人に会いました。
正確に言うと、私が買い物してるところに相手が待ち伏せしていた訳ですが。。。
急に呼びとめられて、彼女からは

 「全面的に私が悪かったです。
  あの時はどうかしてました。
  あなたを傷つけて、あなたの大切さが身にしみました。
  今更こんな風に謝る権利もないのも分ってますが、
  ずっと謝りたかったです。
  本当にごめんなさい。」

と泣きながら言われました。

私はと言うと、性格的に誰かをずっと嫌ったり憎んだりすることが出来ない上、
7つも年上なのに頼りない彼女を見ていると、放っておくことも出来ず、
許してしましましたが(いいのか^^;?)、前と同じ関係に戻ることは出来ないかな、とは思ってます。
彼女は前と同じ関係を望んでいるのを感じますが、それはなかなか難しいかな、と。
それと、

  「お前は元カノか」

と思いました(笑)
なんていうか、浮気して一方的に去っていた彼女が戻ってきた男の気持ちを味わったというか(笑)

  「なるほど、こういう気持ちになるのか」

と不思議な感覚してます。 

多分、私のような経験して、相手を許せる女子って少ないと思います。
女性は基本、了見狭いですから。

別に自分のことを「心が広いでしょ」て言いたい訳ではないんです、
むしろ逆で、自分は女子力が無いな、とつくづく思います。
自己防衛能力が低い以外の何物でもないと感じますね。もう30年以上も女子やってると・・・

ただ、自分と少なからず楽しい時間を共有できた人とは、例え色々嫌な思い出があったとしても
幸せになって欲しいとは思いますよね。
一緒に居られないなら幸せを願うだけだし、
一緒に過ごせるのなら、幸せを分かち合えたら良いと思うし。


まぁ、そんなことやってるから胃から血が出るんだろうけど(笑)


てことで、ピアノなんて全然弾く余裕なかったです^^;
日々、生きるだけで精一杯。

最近は自分がつまらない人間に思えることが多くて、
周りがまぶしくて、外の世界が怖くてたまらないことがあるけれど、
それもきっと今を精一杯生きてる証拠だと思って、
全て味わって生きて行こうと思います。

今日会った友達が

 「(心療内科に通ってた頃)
  あんなにボロボロだったのに、
  今立ち直っただけでも十分エライよ。」

なんて言ってくれて嬉しかった。
他人の一言で嬉しくなっちゃうなんて、頼りないし子供かもしれないけれど、
でも嬉しかったです。

いやはや、長くなりましたが、頑張ります^^
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

ピアノ修行僧

色々大変でしたね。ピアノは、鏡のように応えてくれるので、体調良い時に、美しい音で優雅な気持ちで子供さんに子守歌でも弾いてあげて下さい。ピアノは正直で裏切りません。

日本の童謡、唱歌もいいですよ。

腰の負担を少なくするには、背もたれのある椅子の後ろに座布団折り曲げ挟んで、もたれて弾いてもいいんですよ。

だらしないように見えますが、意外とこのスタイル肩の力はぬけるし、ゆっくりした曲は自分の演奏を冷静に見つめることができるんですよ。

人生まだまだこれからですので、焦らずピアノと付き合っていって下さい。

ピアノ修行僧より


by ピアノ修行僧 (2013-10-31 21:04) 

ぱえ

ピアノ修行僧様

ご無沙汰してます!
コメント下さってありがとうございます^^

色々ありました・・・
そして今も病気は進行中です^^;
心も沈んだり、傾いたり、と大変です。
生きてるだけで精一杯な時もありますが
でも、なんとかやってます^^

全く優雅には程遠い状況ですが、時々ピアノを弾いてます。
ピアノを弾いている瞬間はとても幸せな気持ちになれます。
ピアノは癒しもくれるんですよね♪


背もたれにもたれる練習もまた試してみますね!
アドバイス下さってありがとうございました。
ありがとうございます。

色々ありますが、心を穏やかにしてやっていきたいと思います☆
by ぱえ (2013-11-11 22:27) 

Caelum

遅ればせながら…第二子のご誕生、おめでとうございます(´ω`)
色々と大変な思いをされたようで…今も胃の痛みが大変でしょうけれど
腰は良くなっているということで少しホッとしました。
NASAの科学は世界一チイイイイ!! と、JOJO第2部のシュトロハイムも
言ってくれることでしょう。

色々と大変な日々でしょうけれど、お体を大事になさって下さい(_ _)
by Caelum (2013-11-17 15:00) 

ぱえ

Caelum殿

お久しぶりです。
愛からずコメント返しが遅くてスイマセン。

色々大変でしたし、どちらもまだ治りきってませんが何とか生きてます(笑)
本当に生きてるだけで有りがたいです(><)

JOJOですか(笑) NASAの科学は世界一チィィィィ!!でしたね(笑)
本当にあの機械が無かったら今頃どうなってただろうと思います。
恐怖です。 NASA様様です。

ボチボチやっていきますよ~
また時々アップしますので、お時間があれば覗きに来てやって下さい(´▽`)
by ぱえ (2013-12-01 23:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。